企画記事

【テックレター】「AI、エクセルチャートを作って」、またもや世界を驚かせるAI MS Copilot登場

アイキャッチ
目次

【テックレター】「AI、エクセルチャートを作って」、またもや世界を驚かせるAI MS Copilot登場


ちょい事情通の記者はスタートアップレターですが、スタートアップに役立つテックニュースも定期的に配信します。毎月1回、今月のスタートアップ/テックニュースを定期的に配信しています。最近ではGPT-4をはじめ、AI関連のニュースが溢れています。

2日前にはOpenAI(オープンAI)がGPT-4を公開して適用し、今日の早朝にはMSの「Copilot(コパイロット)」が公開されました。 今後2日以内にoffice365に適用されるそうです。コマンドだけで白紙からパワーポイント帳票を作り、エクセルデータの分析と可視化までこなすのを見て感嘆の声が洩れました。業務生産性が急速に上がり、単純なOffice業務の大部分を代わる中で、派生ビジネスまで出てきそうです。目まぐるしく飛び出すAIのニュースをお伝えするため、本日2号は番外編としてAI関連のテックレターを用意しました。

今週のMSの新製品発表を中心にお伝えします。もちろん私も多くのAIをレター作成に使う予定です。レター作成にAIがどのように役立ったかも書こうと思います。


ナデラ「キーボード、マウスのない現代のコンピュータを想像できないように、Copilot(AI)と自然言語プロンプトのないコンピューティングは想像できなくなるだろう」  



Microsoft 365 Copilot in PowerPoint

Copilot in PowerPoint helps you turn your ideas into stunning presentations. Your storytelling partner, Copilot can transform existing written documents into...

event.stibee.com

og_img

MSが発表したCopilotのパワーポイント適用事例 /MS


17日、MSはOfficeAI「Copilot」を公開しました。Outlook(メール)、Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)などすべてのMS製品に適用する予定だといいます。直訳すると「副操縦士」です。百聞は一見にしかず、これはぜひ上記の1分ほどの短い動画をご覧ください。日本時間の早朝、MSCopilotの発表にはMSのSatya Nadella(サティア・ナデラ)CEOが登場しました。彼は「キーボード、マウスのない現代のコンピュータを想像できないように、Copilot(AI)と自然言語プロンプトのないコンピューティングを想像できなくなるだろう」と語りました。彼のイントロは以下の通りです。


[使ったAI;.Google YouTube STTでスクリプト抽出 - ChatGPT(GPT-4)でタイムスタンプの削除と段落分け- DeepLで翻訳 - 再びChatGPTに「DeepLが翻訳したが、韓国語が滑らかにならないので整えてほしい」と要請]

[サティア・ナデラ]

ようこそ。ご参加いただきありがとうございます。今日は、人間の経験の根本的な側面である働き方、特にコンピュータとの働き方についてお話しするために集まりました。実のところ、私たちは人間とコンピュータの相互作用に向けた旅路を何十年も続けてきました。1945年に発表された重要なエッセイ「As We May Think」でVannevar Bush(ヴァネバー・ブッシュ)が提示したビジョンから始まりました。ブッシュは、知識を収集し、人間がその知識を迅速かつ柔軟に見つけることができる未来のデバイスであるMemexを想像しました。当時も誰かが人間とコンピューティングの直感的な関係を鮮やかに想像していたというのは非常に興味深いことです。

その後、そのビジョンに近づいた瞬間がいくつかありました。1968年、Douglas Engelbart(ダグラス・エンゲルバート)が行った「 The Mother of All Demos」で、グラフィカルユーザーインターフェイスの驚くべき可能性を示されました。これには、複数のウィンドウ、マウスによるポインティングとクリック機能、全画面ワードプロセッサー、ハイパーテキスト、ビデオ会議などが含まれていました。その後、Xerox(ゼロックス) PARCチームは、パーソナルコンピューティング時代を切り開いたAltoを通じて、コンピューティングを個人的かつ実用的にしました。その後、ウェブ、ブラウザ、そしてiPhoneが登場しました。こうした重要な瞬間たちは、人間とコンピューティングの相互作用関係を一歩前進させました。

今日、私たちは新しいコンピューティング時代の始まりであり、この旅の新しい段階に立っています。ここ数ヶ月、強力な基盤モデルと使いやすい自然言語インターフェースを組み合わせることで、AIの興味深い新しい側面が見えてきました。この次世代AIは、実は私たちがこれまで経験してきたAIとは本質的に異なります。長年にわたり、AIは検索からソーシャルメディアまで様々なオンライン体験をサポートし、目立たないように私たちのための「推薦」を提供してきました。視聴するコンテンツ、訪問するウェブサイト、購入する商品など、これらのAIは私たちのデジタルライフに自然に溶け込み、時には気づかないこともあります。これまでのAIはオートパイロットのようなものでしたが、次世代のAIではオートパイロットからCopilotに移行しつつあると言えます。

ソフトウェア開発者、営業、マーケティング、カスタマーサービスなどのビジネスプロセスや、マルチターンのインタラクティブな検索を通じて、強力で革新的な情報統合方法を使用している何百万人もの人々に、この新しいCopilotがどのような可能性をもたらすかを検討し始めました。この次世代AIを構築するにあたり、私たちは人間の主体性を製品の中核に置くために、慎重な設計決定を行いました。私たちは初めて強力な機能を持つAIにアクセスできるようになりました。このような権限には、人間の責任も伴います。個人がAIの手助けを受けるように、AIはそれを使う人によってポジティブまたはネガティブな影響を受ける可能性があります。新しい時代を迎え、AIを構築し、使用する私たち全員は、責任を持って行動しなければならない共同の義務を持っています。本質的に、AIは民主主義社会の社会的、文化的、法的規範に沿って発展しなければなりません。AIの発展に伴い、活発な議論と綿密な調査がより重要になってくるでしょう。

今後、次世代AIは、日常業務やタスクの困難を軽減し、クリエイティブな楽しみを取り戻すように設計された強力なCopilotにより、生産性向上の新たな波をもたらすと考えています。これまで、人間の知能と行動の延長線上でコンピューティングの未来を想像してきました。今日は、最も一般的なインターフェースである自然言語でアクセスできる強力な基盤モデルと熟練したCopilotを通じて、この旅の次のステップが始まる日です。コンピュータが私たちの思考、計画、そして行動様式を根本的に変えることになります。

コンピュータは私たちの思考、計画、そして行動を手助けしてくれます。今日、キーボード、マウス、マルチタッチのないコンピューティングを想像するのが難しいように、将来的には、連続的で要約された思考、推論、レビュー、修正、そして行動を直感的にサポートするCopilotと自然言語プロンプトのないコンピューティングを想像することはできなくなるでしょう。今日、皆さんにご紹介できることを嬉しく思います。



Introducing Microsoft 365 Copilot | Your Copilot for Work

With Microsoft 365 Copilot, we are bringing the power of next-generation AI to work. Microsoft 365 Copilot isn’t just a better way of doing the same things. ...

event.stibee.com

og_img

MSが発表したCopilotのOffice365適用事例 /MS


「Copilot、販売傾向を示すチャートを作って」と言ったところ、チャートがすぐに作成されました。

それでは、Copilotの情報をまとめます。同様にAIの助けを得てみます。Bing(ビング)がまとめた今日の発表の核です。文章もそのまま持ってきたました。 

[使ったAI;.Bing、MSの発表ウェブページでプロンプト入力。 「発表の要点をまとめて」、「いつから使えるの?、値段は?」]


・ MSが新しいAIサービスであるMicrosoft 365 Copilotを発表しました。

・Copilotは、LLMs(大規模言語モデル)とMS Graph(グラフ)およびMS 365アプリを組み合わせて自然言語で作業を行うことができます。

・CopilotはWord、Excel、PowerPoint、Outlook、Teamsなどのアプリに統合され、創造性と生産性を高めます。

・CopilotはBusiness Chat(ビジネスチャット)という新しい体験も提供します。・Business Chatはカレンダー、メール、チャット、文書などのデータを活用して自動的に業務を処理してくれます。

・ Copilotの価格とライセンスに関する情報は近日中に共有する予定です。

・ CopilotはMS 365アプリと統合されているため、MS 365加入者にとって便利だと思われます。

・Copilotは現在、少数の顧客とテスト中で、フィードバックを受けてモデルを改善し、拡張する予定です。

・Copilotの正式リリース日はまだ公開されていません。

・Copilotはセキュリティ、コンプライアンス、個人情報保護を重視し、ユーザーのデータに対する権限を徹底的に管理します。


うーん、まだ具体的にピンと来ないでしょうか?次は、Bingに今日の発表とその意味、そして具体的に私たちができることを聞いてみました。Bingに聞いてDeepLで翻訳しました。

Wordで:気候変動に関するレポートを作成しているとします。「Copilot、気候変動に関する私のレポートの序文を書いて」のように入力して、Copilotにレポートの序文の作成を依頼することができます。これにより、Copilotが編集して繰り返すことができる序文の草案が生成されます。

Excelで:会社の売上データを含むスプレッドシートがあるとします。「Copilot、時間の経過による販売傾向を示すチャートを作って」のように入力し、Copilotに時間の経過による販売傾向を示すチャートを作ってもらうことができます。すると、Copilotがスプレッドシートのデータに基づいてチャートを生成します。

PowerPointで:会社の新製品についてのプレゼンテーションを作成しているとします。「Copilot、新製品に関する私の文書に関連コンテンツを追加して」のように入力して、Copilotに先週また昨年作成した文書から関連コンテンツを追加するよう依頼することができます。すると、Copilotが指定された文書から関連コンテンツを検索し、プレゼンテーションに追加します。


 

記者とBingの会話/Bing

問題はセキュリティ、そして生成AIに現れる精度の問題です。果たしてMSはこの問題をどのように解決したのでしょうか。 MSはCopilotのセキュリティ問題を解決するために次のような方法を使用したといいます。       

・Copilotは、Microsoft Graphというデータアクセスポイントを通じて、365サービスと製品に保存されたデータを活用します。Microsoftは、テナントグループと個人データを指定された領域に保持し、データがテナント間で共有または転送されないようにします。

・ Copilotは、ほとんどのLLM(GPT、Bingなどの大規模言語モデルAI)とは異なり、データ入力を使用して組織外の人々が使用できるようLLMを訓練することはありません。

・ CopilotはMicrosoft 365に完全に統合されているため、Microsoftの包括的なセキュリティ、コンプライアンス、プライバシー保護のアプローチの恩恵を受けることができます。

・ Grounding in copilotは、チャットボットのクエリ応答がMicrosoft Graphに戻り、回答を裏付けることができるデータを見つけるものです。例えば、ユーザーが「明日の天気は」と尋ねると、CopilotはMicrosoft Graphからユーザーの位置と天気情報を取得して回答を提供します。

・Grounding in copilotは、生成型AIの精度と信頼性を高めるための方法です。Copilotは、単に検索結果やインターネット上の情報を繰り返すのではなく、ユーザーのコンテキストに関連するデータを活用して、有意義で有用な回答を提供します。 



The Future of Work With AI - Microsoft March 2023 Event

A special event with Satya Nadella and Jared Spataro focused on how AI will power a whole new way of working for everyone. Learn more at: https://aka.ms/Aajn...

event.stibee.com

og_img

MS Copilot発表全文 /MS YouTube


2日前にはGPT-4発表、幻覚エラーテストしてみたら...「ホ氏チョコレートの由来」トラップは避ける  

直前の14日にはGPT-4の発表がありました。既存のChatGPTにはGPT-3.5が搭載されており、これを6ヶ月で改善したモデルです。たくさんの記事が飛び交っているため、追加で面白い部分だけを紹介します。

最も興味深かったのは、Greg Brockman(グレッグ・ブロックマン)OpenAI社長のGPT-4の新しい活用法です。彼は自分が考えたウェブサイトのアイデアやデザインを紙に書き、スマートフォンで撮影してGPT-4に入力しました。GPT-4は数秒でメモに近いウェブページを作り出した。HTMLコードを自分で作ったのです。シンプルなUI/UXとシェルですが、画像を認識し、ユーザーの意図を把握し、結果物まで提示することに驚きました。

 

ブロックマン社長のメモ、そしてそれを入力するとGPT-4が作ったコード /OpenAI YouTube


直接GPT-4を使ってみました。もっともらしい嘘をつく幻覚エラーテストもやってみました。 「牛の卵が鶏の卵より大きい理由は?」と尋ねると、従来のChatGPT(GPT-3.5)は「一般的に鶏の卵が牛の卵より大きい」と答えます。デタラメですね。アップグレードされたチャットGPT(GPT-4)はそれでも、「牛は子を生む哺乳類であり、卵巣から出る卵子が卵」として、牛の卵子と鶏卵の大きさを比較します。人間が仕掛けた罠に引っかからなかったというべきか...よくわかりませんが、それでも以前よりはかなり良くなりました。

全く知らない、あるいはない情報は「そんな情報はない」と答え、無理矢理答えを作り上げるミスも大幅に減った。例えば、GPT-3.5に「ホ氏チョコレートの由来は?」と尋ねると、「ロッテ製菓が1983年に開発し販売を始めたチョコレートブランドで、創業者ホ・ヨンシク(?????)に由来するチョコレート」と答えます。GPT-4は「そんな情報はない。あなたが間違って教えたか、私のデータが足りない」と答えます。おお、この攻撃は回避しました。以下はGPT-4に関する第2号の記事全文です。

<記事全文>


AIで記事を作ってみたレビュー

以上、AIが書いた記事でした。もちろん途中の問題意識、どんなプロンプトを入れるかを考えたのは2号です。記事全体のフローを企画したのは人間ですが、内容は全てBingが作成し、DeepLの協力を少し得ました。GPT-4を搭載したBingの韓国語能力はかなり優秀です。

他の韓国語の記事と比較して、どうでしょうか?2号は、分析的に取材している外国の長文記事数件を除いて、AI記者の成果物と大きな違いを感じませんでした。もちろん、文章でシームレスにつなげるのは人間の記者の方がはるかに優れていますが、事実と核心を伝える部分ではAIの要約の方が自然でした。

実際AIの出力をこのように用いて、もしChatGPTに記事を書けと言ったらどうなるでしょうか。実際にやってみた結果、単純な文章の組み合わせレベルではありました。上記のような要約型記事を書くとき、AIは思った以上に大きな威力を発揮しました。

そして理解できない部分について、適当にスキップしたりもします。 「グラウンディング」という方式を利用して、Copilotは精度を向上させるといいます。2号は、これをプロンプトで出力されたチャートなどの出力値、そしてこの出力値を再びAIに送り、比較検証をさせるという方法で理解しました。フル映像で簡単に説明されていますが、まだこれを詳しく説明した記事は見たことがありません。どうやら人間の記者が追加で取材すべき領域ではないかと思います。

/media/ちょい事情通の記者(쫌아는기자들)
記事を書いた人
ちょい事情通の記者(쫌아는기자들)

朝鮮日報のニュースレター、「ちょい事情通の記者(쫌아는기자들)」です。

関連記事

  • ホーム
  • 企画記事
  • 【テックレター】「AI、エクセルチャートを作って」、またもや世界を驚かせるAI MS Copilot登場