企画記事

「3boon1」、人工知能で温度調節... 最適な睡眠環境つくります|#Let's スタートアップ

アイキャッチ
目次

【#Let's スタートアップ】「3boon1」、人工知能で温度調節... 最適な睡眠環境つくります


「当社の製品を使えば、30%早く眠りにつくことができ、40%目覚めにくくなります」


「3boon1(3分の1)」のチョン・ジュフン代表(写真)は最近、毎日経済とのインタビューでこのように語った。「3boon1」は、人工知能(AI)をベースにしたベッドマットレスを製造する会社だ。過去には「コストパフォーマンス比(費用対効果)」を前面に出したマットレスを発売することで小さな成功を収め、5月には、人工知能を利用して睡眠に最適な温度を見つけてくれる「3boon1 2.0」の発売を控えている。

チョン代表は、「会社の名前である『3boon1』は、平均的な人が人生の約3分の1を睡眠に費やしているという点に着目して名付けた」と語った。ソウルの江南(カンナム)区にある「3boon1」の本社は、製品を直接体験できるスペースを設けている。スマートフォンアプリを通じて遠隔で温度を調節でき、1週間ほど製品を使用すると蓄積されるデータに基づいて、人工知能ベースの温度調節機能を利用できる。

2人が1つのベッドで一緒に寝る場合に備えて、ベッドの両側の温度を互いに異なるように設定もできる。チョン代表は「人によって眠りやすい最適な温度が異なるために作られた機能」とし、「フィルターに素子(電圧を加えると両端の温度が異なるようになる物質)を使って温度を調整する時に、ノイズを抑えられるという特徴もある」と説明した。

チョン代表は、ソウル大生命工学部を卒業し、大宇(テウ)インターナショナルに勤務した。その後、家政婦の斡旋業者「Homkle(ホムクル)」を設立したが、2016年半ば、事業を整理し、その年の末に「3boon1」を創業した。チョン代表は「事業を辞めた後、不眠症に悩まされ、睡眠の重要性に気づかされることになった」とし、「よく眠ってこそ、生活の質が高まるという点に着目し、事業を始めることになった」と話した。

海外では既に「3boon1」と類似したSleep-tech(スリープテック・睡眠技術)分野の企業が市場に定着している。2014年に設立されたアメリカのEight Sleep(エイトスリープ)が、その代表例だ。グローバルマーケットインサイトによると、世界のスリープテック市場は2020年に130億ドル(約1兆6,500億円)に達した。


原文:https://www.mk.co.kr/news/it/view/2022/04/353341/

/media/MIRAKLE LETTER
記事を書いた人
MIRAKLE LETTER

MIRAKLE LETTERは、アメリカのシリコンバレーの革新を伝える無料の電子メールの手紙です。 現在6万人以上が読んでいます。 クリックして無料で購読してみてください。

関連記事

  • ホーム
  • 企画記事
  • 「3boon1」、人工知能で温度調節... 最適な睡眠環境つくります|#Let's スタートアップ