企画記事

【物流・配送分野】韓国スタートアップ企業5選|月間スタートアップレシピ

アイキャッチ
目次

この記事は、韓国のスタートアップメディア「startuprecipe(스타트업 레시피)」が発行する「月間スタートアップレシピ(월간 스타트업 레시피)」の情報をもとに、資金調達状況や動向を掲載し、企業情報を紹介しています。

Copyright 2022 © Media Recipe. All Rights Reserved.



物流/配送

新型コロナウイルスにより、配送需要が増え、B2C、B2B対象に配送サービスを提供し、物流産業を対象にデジタル転換を支援するプラットフォームの投資額も上昇し続けている。

 

1.Manna Corporation(マンナコーポレーション)

Manna Corporation は、韓国内7つにおよぶEコマースサイトの配達代行プラットフォームとして運営している、統合モビリティサービスプラットフォーム専門企業であり、「クイックコマース」分野などの事業領域の拡大まで図っている。配達代行業者間の競争が激しかった2018年に後発走者として進入したにもかかわらず、シェアは2019年の約9%から2020年下半期には21%まで拡大し、韓国1~2位の配達代行プラットフォーム業者として爆発的な成長を遂げた。 

総合配達プラットフォームのManna Corporationが814億ウォン(約74億円)を誘致し、配達市場のトップの座を狙う。2018年後発走者として発足したManna Corporationは、配達代行ブランド7つを統合運営し、フォース(POS)システム、配達注文アプリサービスまで提供する総合配達プラットフォームだ。Manna Corporationは新型コロナウイルスに増加した配達需要で激しい競争がなされる中、共生配達アプリ「マンナイーツ(MANNA eats)」の発売を控えている。マンナイーツは、配達する人と商人が配達料を策定し、配達の民族、クーパンなどで抜け出した配達人材の人力難を解決し、仲介手数料は下げて配達者と商人ともウィンウィンできるプラットフォームだ。マンナイーツは、全国5万4000個の機器データを通じたグルメ推薦とEコマース企業の入店を通じて消費者を確保するという計画だ。今回の投資を通じて、Manna Corporationは、配達プラットフォームサービスを強化する一方、2024年上場を目標に事業を推進する。

MannaCorporation(マンナコーポレーション)投資誘致の現状

2.LOGISPOT(ロジスポット)

LOGISPOT(ロジスポット)は、韓国第1位のデジタル統合物流企業として物流産業のデジタル化を導いている。デジタルを基盤に企業に特化した物流を設計し、データによって持続的に物流最適化し、物流ネットワーク、拠点倉庫運営、そして専門運営力量で物流と技術、人をつなぐことをビジョンに掲げている。

デジタル統合物流サービス企業LOGISPOT(ロジスポット)が5月に続き、300億ウォン(約29億円)の投資に成功した。LOGISPOTは、デジタルプラットフォームベースのプロフェッショナル物流サービスと顧客カスタマイズ管理ソリューションで統合物流管理を提供し、企業に最適統合運営方案を提示し、企業物流のデジタル化を支援している。現在、LOGISPOTは700以上の企業顧客を対象に貨物車ネットワーク10万台と全国5つのセンター運営を通じて統合物流サービスを提供している。同社は毎年160%ずつ成長しており、2021年には売上600億ウォン(約57億ウォン)を記録する見通しだ。LOGISPOTは今回の投資で物流産業内のバリューチェーン拡張とサプライチェーン全般をデジタル基盤で連結できる力量に投資する予定だ。

LOGISPOT(ロジスポット)投資誘致の現状


3.S.lab Asia (エスラボ・アジア) 

物流過程で繰り返されていた上下車過程において、外部環境に露出されて温度が守られない既存の定温物流に比べ、S.lab Asia では全区間において途切れない定温物流を実現し、医薬品を安全に運送することが可能。熱損失を最小化する特殊ボックス技術と内部VIP素材を使用し、出発から到着まで同じ温度で配送することを実現している。

コールドチェーンソリューション企業S.lab Asiaが150億ウォン(約14億円)の資金を確保した。S.lab Asiaは、医薬品と食品を収納できるスマートコールドチェーン多使い機のグリニーボックスベースの物流サービスを提供する。高性能パッケージング技術で、ワクチンなど医薬品分野で安定した目標温度を維持して輸送する。また、新鮮食品用フードボックスは、使い捨て容器に代わって物流廃棄物を削減し、温室効果ガス削減にも役割を果たしながらESGを追求する企業が導入を増やす傾向にある。S.lab Asia は今回の投資でインフラ拡充と人材を誘致し、ソリューション競争力を強化するために活用する予定だ。

S.lab Asia (エスラボ・アジア)投資誘致現況(公式累積投資誘致金額228億ウォン)

4.HOWSER(ハウザー)

ハウザーは、顧客が高い品質の商品に加えて専門的な組み立てや配送サービスを期待していることに着目し、IT技術を基盤としたオンラインインフラと物流センター、施工配送チームを含めた全国単位のオフラインインフラを通じて、中小家具社が直面している物流問題を解決する様々なサービスを開発している家具専門物流スタートアップ 。近年ではクーパンの家具配送の代行を行っている。

  • 設立:2016年
  • 総投資誘致額:195億ウォン(約19億円)
  • ラウンド:シリーズB

5.TeamFresh(チームフレッシュ)

安全な環境で迅速に顧客に食べ物を提供するべく「韓国No.1コールドチェーン・プラットフォームになる」というビジョンを持っている。顧客企業は貨物斡旋、フルフィルメント、食材流通、フランチャイズ業、保険コンサルティングなど、様々な事業分野に進出し、頭角を現しております。また、資本金5億ウォンで始まり、現在は「予備ユニコーン企業」の位置におり、2026年以内の企業価値1兆のユニコーン企業に到達を目指している。

  • 設立:2018年
  • 総投資誘致額700億ウォン(約67億円)
  • ラウンド:シリーズC
/media/KORIT編集部
記事を書いた人
KORIT編集部

韓国のIT・スタートアップ業界の最新情報を皆様にお届けします。

関連記事

  • ホーム
  • 企画記事
  • 【物流・配送分野】韓国スタートアップ企業5選|月間スタートアップレシピ