企画記事

【業のスタートアップ】 C&Tech、中小企業融資のペインポイントを解決したIoT

アイキャッチ
目次

【業のスタートアップ】C&Tech、中小企業融資のペインポイントを解決したIoT

ちょい事情通の記者 2号 イム・ギョンオプ

 

「自分が賢いと思ったことは一度もありません。事業も言われて始めただけで、就職も教授が行きなさいと言ったので行きました。大学も行きたかった学科に行けず、仕方なく他の学科を選んで行きました。ですが、2つの自信があります。一つは『よく聞くこと』、そして二つ目は『目の前の問題を解決すること』です。

誰かが『こんな、こういう機能と製品があったらいいな』と言えば、まずその問題を解決するために悩みます。製品や事業に障害や問題が生じると心配ですので、なんとか解決しないと気が済まないんです。だから尋ねなければならないことがあれば絶対にほっておけないのです。そうしていたらここまで来ました」

 

創業はなにか夢を見なければならないでしょうか。何百、何千億ウォンのイグジットやユニコーンの夢?海賊王?それとも、イーロンマスクのように『人間の火星時代』のような途方もない夢や『炭素排出ゼロとノープラスチック』のようなソーシャルインパクトと社会的使命感?レターを書く私たちも、スタートアップに飛び込んだ多くの人々も、このようなスーパースター創業者をアイドルにして仕事に没頭します。しかし、他の創業の道もあります。

 

昨年末、KRAFTON(クラフトン)のチャン・ビョンギュ議長がKAISTで講演をしました。当時の質問の1つが「私は典型的な小市民です。社会的な問題解決や建設的なビジョンもありません。こんな気持ちで創業してはいけないようですが、あたたかいアドバイスお願いいたします」でした。当時、チャン・ビョンギュ議長の答えはこうでした。

「個人的に質問をいただいた方と同じ考えを持つ創業も増えることを願っています。10年以上前、『Yahoo Japan』内の小さなセクションにコンテンツを提供する会社があって印象深くて覚えているのですが、メンバーのほとんどがリモートで働いて正社員の数も約7、8人程度でしたが、年間売上が約20億を超えていました。多くのメンバーがキャリアと専門性を持っていたからこそ、可能な形でした。

このように『外部投資家がほとんどなく、創業者のキャリアに合致する、収益創出に集中した』創業も増やすべきだと思います」なので、必ず途方もない夢だけが創業の道を行くことができる原動力ではないということです。

 

今日紹介する創業者、C&Tech代表のキム・ギドク氏(41) がそのような創業者です。C&Techは、IoT機器を介して動産担保管理サービスを提供する会社です。金融業界従事者でなければよく知られていない、新しい融資の領域を技術と融合して開拓している会社です。それだけ馴染みがないですが、独歩的な会社でもあります。

この会社の法的創業者は、キム·ギドク代表ではありません。もともといた法人がMVP製品を作れず、廃業直前まで追い込まれ、投資会社の要請でサムスン電子出身エンジニアだったキム・ギドク代表が救援投手で投入された会社です。結局、キム代表が持分をすべて買収し、第2の創業のように再開することになりました。「おびえながら代表になった」が、現在誰もが知る金融機関が、C&Techが開発したセンサーと動産担保データ購読サービスを利用する顧客です。

 

 



C&Tech/法人設立2021年6月/サービス開始2018年6月/創業者イ・ジョンフン、キム・ギドク/CEOキム・ギドク/CSOパク・スンヒョン/CTOジュ・テヨン

 

動産担保のない韓国企業の貸付は半分しかないそうですね。 ところが、銀行の立場では動産貸付をはばかる理由があるとのことですが。

「はい。動産、文字通り動く資産です。土地や建物のように動いて運べない財産は不動産。動産はその逆です。よく考えられるものとしては、工場の機械設備、倉庫に積み重ねられている在庫が動産です。この動産を担保に銀行が差し出す貸付が『動産融資』です。2017年、私が代表就任した当時、韓国の中小企業資産が当時約1000兆ほどになりました。そのうち、動産が600兆ウォン、不動産が400兆ウォンです。

ところが、企業の開示を詳しく見れば、ほとんどの企業が不動産を担保としてはローンを頻繁に受け取りますが、設備や在庫を担保として貸し出すことは見られませんでした。韓国中小企業の不動産担保ローン規模は360兆ウォンで90%、動産担保ローン規模は2017年基準で2000億ウォンが少し超えました。不動産では担保物の90%が融資として出てきますが、動産では0.03%ほど出てくるのです。はるかに価値のある担保物があちこちにありますが、いざそれを担保としても、お金が入っていないわけです。

スタートアップのVC投資のように、製造中小企業にとって担保ローンは成長燃料のような重要な要素です。米国は動産担保ローンが数百兆ウォン単位、日本も数十兆ウォン単位です。そのため、2010年代初頭、韓国も政府レベルで動産担保を活性化しようとしました。製造中小企業の成長を助けるためです。

ところが肉類在庫を虚偽輸出して数千億ウォンの担保詐欺を行った事件、PC在庫を担保で貸付を受けたが、実際は空のボックスだけ積み重ねていたなど。数回の事故が起きてから金融機関が動産担保に対して消極的になりました。土地は動くことはできませんが、設備と在庫は部品をはずしてこっそり売ることもでき、在庫を箱だけ置いてこっそりと盗むこともできるのですから」

 

それで2012年にC&Techが創業されたのですね。ところが、代表は当時ここにいなかったとお聞きしました。

「はい。当時、サムスン電子でタッチパネル半導体設計していました。このような一連の事件が起きてから『技術でこの問題を解決できる!』というアイデアで創業に飛び込んだ企業がたくさんありました。当時だけでもスマートフォンが普及しており、通信網とCCTVを適切に活用すれば、動産監視ができます。そうすれば銀行が信用して中小企業貸付をできるのではないかというアイデアでした。ところが、誰もこのアイデアが実装された製品を作って量産に成功し、普及して運用を成功した事例がありませんでした。

C&Techもそのような会社の1つでした。KAIST大学院先輩であるBluepointpartners(ブルーポイントパートナーズ)のイ・ヨングァン代表がある日電話で『君に行ってほしい会社がある』と言いました。調べてみると、BluepointpartnersがC&Techの投資会社だったんですよ。2016年ごろにC&Techに来ましたが、本当に試作品が一つもなく、3人の従業員がいる会社でした。『IoTを利用して動産担保のペインポイントを解決する』というアイデア一つだけでした。

私が研究所長になり、サムスン電子でセンサー開発していた履歴を生かして製品を作り、テストを始めました。それから2017年ごろだったでしょうか。創業者であった代表が結局会社を廃業したいと言いました。結局、私が株式と代表者を引き継ぐことになり、2018年金融委員会の前で『動産担保統合管理システム』をデモンストレーションした後、企業銀行が初めての顧客として契約し、本格的な私の事業が始まりました。どうやらイ・ヨングァン先輩に騙されたようです」

 

C&Techが作ったIoT端末を設備につければ5000万ウォンの貸付が出るんですか?

「工場設備と在庫資産のデータ収集と監視サービスを提供しています。主要銀行と地方中枢銀行、キャピタル社、技術保証基金と信用保証基金などの動産融資を行う主要金融機関が顧客会社です。銀行で動産ローンを払う際の条件が、C&Techの端末設置が条件でかかっているのです。

端末は手のひらサイズのセンサーです。設備の位置・振動・磁場・騒音などを収集し、リアルタイムでデータをサーバに転送し、プログラムを通じて監視します。担保物の位置、設備稼働パターンまで全て分析して、一種の担保物等級を分けて異常が生じた場合、管理室に勤めるチーム員がすぐに業者の代表に電話をします。

例えば、一度は慶北工業団地にある工場設備が急に江原道(チョンウォンド)の旌善(チョンソン)に移動しました。アルゴリズムは異常パターンをすぐに報告し、『大変だ。社長がギャンブルに陥って江原ランドまで設備を引きずって売ろうとしている!』と大騒ぎになりました。実際は、旌善(チョンソン)で開かれる博覧会に行くということでした。本当に博覧会が旌善(チョンソン)で開かれ、社長は再び機械を持って工場に戻りました。

コーヒー豆焙煎機も担保にしたことがあります。すべての中小企業の稼働パターンがあります。社長が毎日午前11時にコーヒーを沸かし、1時に作業を終えます。このパターンが数年間繰り返されてからしばらく焙煎が止まったり、突然別の時間に焙煎をする場合もあります。こういうときは会社が難しくなっていたり、原材料を早く使って在庫を全て処分し、設備をこっそり売って潜む場合もあります。このような異常パターンも監視対象として見守ります。このように現在2万5000か所に担保物の端末機が付いています。端末を頼んで融資を受けた中小企業は約5500社を超えます」

 

悪徳社長が端末をこっそり外してしまったら?

「その場合に備えたセンサー検出機能も入れました。端末には大きく加速度、磁気、ジャイロセンサーが入ります。なので加速度は機械が戻る時の振動を主に収集し、磁気は磁場を測定します。ジャイロは角度です。機械が戻るときに垂直運動・水平運動もして、細かい震えもあって、電波が出てくるものもあって。この11項目を総合的に測定して判断し、通信で伝達する役割です。無理に離すとすぐに警報が鳴ります。

これも付着式端末で5年ほど経つと自然に落ちます。そのため、『自然脱着感知』と『強制脱着』をセンサーが区別できるように機能を植えました。人の力で離すと、その時機械が感じる振動値とジャイロ変形値がサーバーに送信され、管理室モニターにすぐに赤い警告灯が入ってきます。Wi-FiとBluetoothベースで通信を行い、バッテリー残量も感知して交換時期になれば本社にお知らせします。

 

 

C&Techの新型端末。旧型製品は写真の中の製品より約2倍程度のサイズで、大人の男性の拳ほどだ。/C&Tech

 

全国5000ヵ所工場、2万5000台の機械に付いたセンサー


さっき管理室で10人余りチームメンバーがモニターを見ながら担保物の現状をチェックしていると言いましたね。何か中小企業監視センターのような感じではないでしょうか。

「全体的な動産担保物の管理とモニタリングサービスを提供しているので仕方がありません。最初は、端末と在庫を監視できるCCTVソリューションだけを作って売ろうとしました。ですが金融機関が気になりました。機器をC&Techが直接設置しても、結局誰かが管理と監視をしなければならないのに、銀行の人材では不可能に近いという話でした。担

保に対する否定的な認識はやむを得ないが、設備と在庫を担保としてネクストステップを踏みたいという進取的な中小企業の代表者にとっては、動産担保は本当に重要です。結局誰かやらなければなりませんでした。そこで端末製造と事後管理と監視サービスまで、私たちが提供することにして、管理を運営しています。

ただし、テックスタートアップなので技術を最大限応用しました。データベースで分析を行うことで、最小限の人員でモニタリングが可能です。担保ごとに詳細な特性のデータ分析まで終わりました。例えばプレス機器を上下振動に対する値が結局製品の生産量と稼働率であり、全国プレス機器の上下振動値に対する平均データを推測し、対照しながら分析する式です。

たまに故意に機械のアイドリングをする社長がいます。その場合、センサーはアイドリングを認識します。本当に生産したときのプレス機の振動値は、アイドリングとは異なります。独自のデータ分析に基づいて、一種の担保物安定評価サービスも行います。A・B・C・D等級に分けて該当銀行の担保物がCやDに行けば案内をしてくれるサービスです。実は韓国中小企業の社長、正直な方がはるかに多いです。A等級担保物が全体80%にもなります。他の20%のほとんどもBで、Cだった方々も頑張ってBクラスに上がることも多いです」

 

大手企業のIT系列会社がその気になったらすぐにまねをしてくると思いますが。金融業に対するハードルも低くなったので、切望する市場ではないでしょうか。

「理論的にはコピーは可能です。実際、2~3年前に親会社で試みたこともありました。ですが結局諦めました。センサーの技術や原理自体は単純ですが、これも一種の土方です。どうやって機械に取り付けるか?ただ接着剤と電動ドリルさえあればいいのか?工場で走って、手で作業しながら熟成させたノウハウです。最初に作った時、工場に端末機を付着しにドリルを持って行きました。社長たちからは不満を言われました。

何十億ウォンの機械に誰が勝手にドリルでねじを打つのか。工業用テープを貼ってみました。そして数週間後、端末が機械から落ちました。工場機械ごとに固有の振動がありますが、テープの張力がその振動に耐えられませんでした。全国の端末、数百台を全部回収し、設計からやり直しました。そしてまた貼り付けました。このように実際に出向くことが何度もありました。今は他の企業が進出しても2万台以上の端末をすべて回収して行くことのは難しいでしょう。過去3年間に積み重ねられたデータの量も相当です」  


 

C&Techの統合管制センター。全国の担保物の現状と異常の兆候が自動的に捕捉される。 /C&T

 

スマートファクトリー時代、みんなが欲しがるデータです。

「コロナ時の業種別にデータが違うんです。私は内容を公開することはできませんが、それぞれ異なるパターンと側面を示しました。産業別稼働率が見られ、季節ごとに予測可能なパターンもあります。これを精密に株価と連動して分析したり、各種マクロ・ミクロ経済データと結びつければ、限りない活用になるでしょう。センサーを通じて収集される工場稼働状況データは、金融機関だけでなく、その会社にとっても非常に重要です。

そのため、B2BではなくB2C領域に拡張を準備しています。ここでの、Cは企業です。金融機関にソリューションとサービスを売るのではなく、直接該当企業の設備にセンサーを設置し、モニタリングデータを直接提供し分析するサービスです。時々代表と役員が海外出張に行く際、自分たちの工場の稼働状況を精密に分析したいというニーズがあります。その時、社長は私に『自分の工場データが気になる』と言います。なので新しいサービスを準備しています。

そこで端末サイズを現在の端末の半分レベルに減らした製品をまもなく発売します。新しいデバイスはLTEベースの通信であるため、それ自体が1つの携帯電話のように動作するセンサーです。この端末を設置すると、別途のデータ分析サービスを提供するのです」

 

それでは、在庫資産に数百、数千個のセンサーを付けることはできませんよね。

「在庫資産にはCCTVソリューションがあります。最初の銀行で在庫資産を鑑定するときに撮影を行います。その後、各在庫資産ごとにデータラベリングを行い、在庫内容と価値を入力しておきます。後で従業員が在庫倉庫の中を行き来しながら在庫を持ち込んだり、持ち帰ったりすることもあります。最初に入力されたデータの在庫資産の近くに人が来たことをCCTVで捕捉すると、作業後に再び在庫倉庫内を自動的に再撮影します。そして、初期鑑定当時の原本と比較する方式で在庫現況イメージを比較し続けるという原理です」

 

C&Tech投資誘致 単位:ウォン/シリーズA・時期2018年・誘致金額30億・投資会社 インターベスト第4次産業革命組合、ファイン投資パートナーズ/シリーズB・時期2020年・誘致金額52億・投資会社 LB技術金融ファンド1号、ストーンブリッジベンチャーズ、韓国信用銀行

 

 

ビジネスの「コルコルコル」論

 

C&Tech年度別職員数/単位:年、名

 

科学高校から工大生コースではなく、パイロットを夢見たのですか?

「蔚山(ウルサン)出身で航空大に行きました。夢はパイロットでした。航空大は元々学部生を選び、2年生の時に学科を定めます。ところが入学して一連の事故でパイロットを養成する運航とTOが減りました。20~21歳の学部生が飛行機に乗るには危険すぎると。空軍士官学校やROTC行って熟練した将校になってこそパイロットになれました。 結局、行きたかった学科はハードルが高すぎて…。代わりに選んだ学科が通信工学科でした。機械、インターネットなどにも関心がとてもありました」

 

サムスン電子は教授に背中を押されていったのですか?

「2007年、KAIST電子科の修士課程に行きました。専攻は熱画像でした。2年ほど勉強を頑張り、勉強が合っていたので博士までいこうとしました。ですがサムスン電子から連絡が来ました。KAISTの修士課程を通して、サムスンからオファーがきました。学費も全部出すから来てくれと。研究室にも連絡がありました。

指導教授だったチョ・ギュヒョン教授にお会いし、『先生、それでも博士をとります』と言ったら、教授は『私は教授の人生に会社経験しなかったことを残念に思っている。まだ後悔している』と言われました。それから、『後でまた博士になろうと戻ってきてもまた受け入れるから行って来なさい』と言われました。それでサムスン電子に行きました。

課題はタッチパネルのためのチップを作ることでした。ギャラクシー1~2が出ましたが、当時海外から部品を持ってきていました。これを国産化することが目標でした。4年だけで戻ろうとしましたが、仕事がとてもうまくいってさらに1年延ばしました。そして200人の組織のリーダーになりました。開発したタッチパネルチップは後におそらくギャラクシー4以降製品に搭載されたことを覚えています。

 

受動的な姿勢ではビジネスが難しいですか?

「世界がどのように私の意志だけで動くのですか。投資を受けるたびに心配でたまりません。そのお金は約束して借りたお金であり、責任でもあります。雇用も責任を負うべきチームメンバーを増やすことです。だから投資や雇用はいつも慎重に進めます。スター創業者のように空のオーラが集まって数兆ウォンの資金と技術、垢を落とすこと。それは本当に珍しいことです。だからといって、すべてにおいて黙ってはいられません。私のように平凡な起業家は責任感と心配を原動力に目の前の課題と障害物をすばやく解決しなければなりません。それに一番集中します」

 

事業の「コルコルコル」論とは何ですか。

「私は自分自身の身の丈と能力を知っています。そんな能力がないのに『一か八か』で賭けることはしません。昨年の目標は投資誘致。今年はそれだけ人材を補強したので、投資を受ける際に約束した売上を上げること。ユンノリ(朝鮮半島に伝わるすごろくのような遊び)で着実にコル(3マス進む)が出るように投げるのもとても難しいです。 『ド・ド・モ(1マス・1マス・5マス)』が出てくるよりも、『コル・コル(3マス・3マス)』に着実に行くことが重要です。モ(5マス)やユ(4マス)がでなくてもコル(3マス)で完走すること。それが私の方法です。

昨年は経営目標が『投資の年』でした。今、累積投資が80億ウォンを超えました。今年は『収穫の年』です。チームメンバー数が2倍になったので、売上はそれ以上になるはずです。最近はどうすれば技術をお金に変えることができるのかを考えています。売上指標上がるのを見ること、一番面白いです」 

 

/media/ちょい事情通の記者(쫌아는기자들)
記事を書いた人
ちょい事情通の記者(쫌아는기자들)

朝鮮日報のニュースレター、「ちょい事情通の記者(쫌아는기자들)」です。

関連記事

  • ホーム
  • 企画記事
  • 【業のスタートアップ】 C&Tech、中小企業融資のペインポイントを解決したIoT