ニュース

Bungae jangter、新韓カードコラボレーション「デジタル保証」デモンストレーションサービスが年末限定で運営

アイキャッチ
目次

Bungae jangter、新韓カードコラボレーション「デジタル保証」デモンストレーションサービスが年末限定で運営

  • 「ブロックチェーン基盤のデジタル正規品保証書で中古取引の信頼度向上」

中古取引アプリBungae jangter(ポンゲジャント/代表チェ・ジェファ)が新韓カードと共にブロックチェーン技術基盤「デジタルワランティ」モデルサービスをオープンし年末まで限定運営すると明らかにした。

「デジタルワランティ」サービスは商品の正規品可否と所有権をブロックチェーン技術で認証するデジタル正規品保証書だ。 すべての取引内訳が記録され、紛失や偽造の恐れがなく、便利で安全な管理が可能だというのが特徴だ。

「デジタルワランティ」には製品の流通経路を把握できるように購入した製品の固有シリアルナンバー、商品情報などが含まれる。

Bungae jangterは、今回の協力によりオフライン売り場(ブグズトラップ1・2号店およびブグズトコレクション)で販売している商品(一部商品を除く)に限り「デジタルワランティ」を発行する。 年内に1万個の商品まで拡大する計画であり、無くなった際に自動終了する予定だ。

Bungae jangterが提供する「デジタルワランティ」は製品購入後、案内状のQRステッカーをスキャンすればデジタルワランティ発給ページで発給される。 1度生成された保証書は偽変造が不可能で、新韓PLayアプリとカカオトークに搭載されたデジタルウォレット「クリップ」に連結していつでも閲覧できる。

Bungae jangterのシン・ゴンシク事業本部長は「韓国先導金融グループ新韓カードと協業を通じてデジタルワランティモデルサービスをオープンし、Bungae jangterのオフライン売り場で販売している商品の信頼度と競争力を高めると期待する」とし「Bungae jangterは正規品検収が重要なスニーカー、ブランド品などを取引する時、ブロックチェーン基盤の偽造変造が不可能なデジタルワランティ技術を活用して、偽物イシューを先制的に遮断するなど、より安全な中古取引エコシステム構築の先頭に立つ」と述べた。

Bungae jangterは、2011年に開始された韓国有数の中古取引プラットフォームだ。

2021年に年間取引額2.45兆ウォン(約2,500億円)を記録したLightning Marketは、スニーカーなどのブランドファッション製品、高級品、デジタル機器、ゴルフ、オートバイなどのホビーグッズを取引する「テイスト中古取引アプリ」としての地位を確立している。

 Bungae jangterは「簡単で安全な取引で、絶えず再発見する取引」というミッションの下、簡単で速く、安全な個人間取引プラットフォームを構築しようと努力している。 

特に自主安全決済サービス「ボンゲペイ」と物品ピックアップから包装配送まで全過程を担当する配送サービスである「包装宅配」、専門検収チームがブランド正規品認証を代わりにする「正規品検収サービス」、中古スマートフォン相場照会および買入・販売サービス「マイフォン相場」等、便利で安全な中古取引のための顧客革新を続けている。 

昨年9月にはブランド中心の検索・推薦システムを通じて、必要な物品をより簡単に探せるようアプリを全面改編した。2020年4月、560億ウォン(約58億円)規模の投資誘致に続き、2022年第1四半期に計820億ウォン(約85億円)の新規投資を確定し、再び市場支配力と成長の可能性が認められた。


原文:https://mirakle.mk.co.kr/view.php?sc=51800012&year=2022&no=805786



/media/MIRAKLE LETTER
記事を書いた人
MIRAKLE LETTER

MIRAKLE LETTERは、アメリカのシリコンバレーの革新を伝える無料の電子メールの手紙です。 現在6万人以上が読んでいます。 クリックして無料で購読してみてください。

  • ホーム
  • ニュース
  • Bungae jangter、新韓カードコラボレーション「デジタル保証」デモンストレーションサービスが年末限定で運営